MAGIC DAILY NEWS マジック:ザ・ギャザリング MtG 大会結果・デッキリスト・公式情報中心のマジック系ブログ

  TOTAL :
T: Y:
マジック:ザ・ギャザリング MtG の大会結果・デッキ・イベント情報をネタにお届けするマジックブログ
今後のイベント予定
03/21: LMC成田626th - Standard
04/13: LMC成田627th - 『灯争大戦』ボックス争奪スタンダード
05/03: LMC成田628th - リミテッド神挑戦者決定戦トライアル
05/19: LMC成田629th - Modern

アヴァシンの帰還 色別レビュー:黒 はてなブックマークに追加 livedoor クリップに追加

Written by Chasm
LMC Web Magazine

三つ目のイニストラードブロックである『アヴァシンの帰還』がついに発売されましたね。黒カード担当の《オリヴィア・ヴォルダーレン》ことちゃずむです!

今セットは、アヴァシン失踪と、獄庫を巡る顛末劇の最終章という事でこのレビューも最後にふさわしくネタやら何やらをニンニク野菜マシマシカラメ大盛りな感じで某ラーメン屋のごとき勢いで盛り込むつもりだったのですが、なんやかんやで時間が取れなくて断念しました。残念!

■新メカニズム

アヴァシンの帰還は、大天使アヴァシンの復活によりイニストラードの聖なる護法も力を取り戻し、イニストラードの住民たちも力を合わせて闇の勢力に対抗してなんやかんやするストーリーなので、神聖やら団結やらをイメージした能力がフォーカスされております。

その名も『奇跡』と『結魂』。そんな二つの能力ですが、

トニオ

まぁ、無いんですよね。黒には。うん、無いからね。無いものは紹介のしようがないよね。

しかし、そんな黒にも独自というか、『らしい』メカニズムが導入されています。

その名も『単騎』(と、不死)。

ぼっちの、ぼっちによる、ぼっちのためのメカニズムである『単騎』は自分のコントロールしているクリーチャーが 1 体のみである場合、なんらかのお得な効果が発動するというもの。

例えるなら限定発売のコスメを買うと、お試しサイズの別商品がついてくる。そんな感じ。

また、現実世界でも『ぼっち』という単語を『単騎』に言い換えると、ネガティブなイメージがかなり払拭されますね!

『結魂』によって生み出される力もあれば、『単騎』であるからこそ発揮できる力もあるのです。

世界中を転戦している某プロプレイヤーもそんな『単騎』能力を持つ人なのかもしれませんね。

ぼっち

※画像はあくまでもイメージです。


さて、また前置きが長くなりましたが、新しい能力の紹介も終わったところで、本題に入りましょう。

カードレビュー黒スタート!


脳食願望

《コジレックの審問》として噂のアレ。ハネるカードの幅は広いけれど、序盤の動きに大きく影響を与えることのできる本家と比べると見劣りする感じはある。とはいえ、使い道が無いわけではないのでメタにあわせた使用がモアベター。

ちなみに脳味噌の味については、手持ちの食人全書には言及されていませんでした。

構築有用度★★★☆☆
リミテッド有用度★☆☆☆☆
食べすぎ注意度★★★★★

血のやりとり

ミラディンから再録。「布告」系のカードにありがちな狙ったクリーチャーを落とせないという側面はあるけれど、現在では不死とはじめとした墓地を用いたギミックがあるため当時よりもアド損失は軽いと思われ。

構築有用度★★★☆☆
リミテッド有用度★★★★☆
ソリンの暴君度★★★★★

血の芸術家

吸って殴れる《ファルケンラスの貴族》の親戚筋。戦闘能力は皆無ですが、コストの軽さの分だけより構築向き。なんらかのコンボデッキのパーツとしての活躍を期待したい一枚ですね。

構築有用度★★★★☆
リミテッド有用度★★★★☆
こっち見んな度★★★★★

流血の鑑定人

ブロックできるようになった《屍肉喰らい》。先述の《血の芸術家》とのドレインコンボは強力。ドラフトなどで狙える場合は積極的に狙うと幸せになれそう。

構築有用度★★☆☆☆
リミテッド有用度★★★★☆
贋作お断り度★★★★★

骨の粉砕

アラーラの断片から再録。なので、語れることは少ないですが、1 マナと軽くて対象に制限がかからないのは大きいので、リミテッドではとりあえず確保しておきたいところ。

構築有用度★★☆☆☆
リミテッド有用度★★★☆☆
実は粉砕できてない度★★★★★

グールの解体人

一度死んで初めて熊としての性能を持つ不死らしいクリーチャー。純粋な能力としてはお世辞にも良いとは言えないけれど、生け贄効果でガンガン使い捨てができる点は好印象。

構築有用度★★★☆☆
リミテッド有用度★★☆☆☆
なぜ闇の隆盛で出なかった度★★★★★

死体の交易商人

《強要》を内蔵したクリーチャー。使い捨てのできるクリーチャーがいない場合は、そのまま戦闘要員として戦えるサイズなのが特徴。

アヴァシンが復活したイニストラードの陰でこういった黒い商売が未だに根付いているあたり、イニストラードの平和はまだまだ先なのでしょうね……。

構築有用度★★☆☆☆
リミテッド有用度★★★★☆
死人に口無し度★★★★★

墓所を歩くもの

オデッセイから再録。能力のあふれ出る没個性感に比べ、酷い捩れ具合の身体をしたゾンビのイラストと、フレイバーテキストがいやに目を惹く一枚。

構築有用度★☆☆☆☆
リミテッド有用度★★★☆☆
誰がうまい事を言えと言った度★★★★★

闇の詐称者

普通に出すとただのバニラ。6 マナを捻出できて初めて仕事をしてくれます。起動型能力を使いたいのであれば、何も考えずに 3 ターン目に出さない方が良いので、実際はもっと遅い段階で使われることになりそう。

構築有用度★★★☆☆
リミテッド有用度★★★★☆
変装はバレないのがお約束度★★★★★

死の風

-X 修正を与える確定除去。マナをつぎ込まないといけないのが玉に瑕。とはいえ、アヴァシンの帰還のクリーチャーは呪禁以外の除去呪文への耐性がほとんど無いので、リミテッドではそれなりにつかえます。

構築有用度★★☆☆☆
リミテッド有用度★★★★☆
T2 にこんなシーンあったよね度★★★★★

悪魔の顕現

『単騎』推し第一弾。出現条件がとにかく厳しく、毎ターン出てくるわけではないので、置物度合いがかなり高い。出てくるものは優秀なのでチャレンジするのも一興。

構築有用度★★★☆☆
リミテッド有用度★★☆☆☆
悪魔召喚も楽じゃない度★★★★★

悪魔の監督官

『単騎』推し第二弾。リミテッドでは十分優秀なアタッカーで、黒を使うならぜひ欲しい一枚。構築フォーマットでもコントロール系のデッキで採用される可能性がない事もない。

2 体出すとm9(^д^)されるので気をつけましょう。

構築有用度★★★☆☆
リミテッド有用度★★★★☆
鞭捌きは神業度★★★★★

灰口の悪魔王

昔は黒の 4 マナクリーチャーで優秀な奴といえば《デレロー》とか《ファイレクシアの盾持ち》のような奴らだったけど、最近のクリーチャーは本当に強くなったね……。ただ、出てくる際に都合 2 体のクリーチャーを生け贄にしないといけない分、素直に強いとは言えないのが悲しい。

構築有用度★★★☆☆
リミテッド有用度★★★★☆
しかしコストはダブルシンボル度★★★★★

狂気堕ち

《煙突》《陰謀団の先手ブレイズ》の中を取ったような能力。効果が遅い分、除去をされにくいので、先の 2 枚がそれなりに使われていた事実を考えると、これの活躍もちょっとは期待したい。

構築有用度★★★★☆
リミテッド有用度★★★☆☆
すってんころりん度★★★★★

戦慄の奴隷商人

コイツを経由してクリーチャーを殺せば、もれなく仲間にできるファッティ。一番手っ取り早く、コイツの強さを分かりやすく実感できる方法はバジリスクルアーのコンボ。

構築有用度★★☆☆☆
リミテッド有用度★★★★☆
脳足りんと脳無しの違いが分からない度★★★★★

死体の運び屋

小粒ちゃんが戦場に帰ってくる「死亡したとき」効果を持つ吸血鬼。コイツの強さ自体は釣り上げるモノの質に依存するものの、リミテッドではクリーチャーの再利用という点ではかなり好印象。

現代日本の凋落ぶりを思わせるかのようなフレイバーテキストが涙を誘います。

構築有用度★★☆☆☆
リミテッド有用度★★★☆☆
不況に負けるな度★★★★★

本質の収穫

ダメージの多寡は手持ちのクリーチャーに依存するためフルバーンへの投入は向かず、ファッティが入るようなデッキならば、クリーチャーで殴るべきなのであり、すなわち使えない。

構築有用度★☆☆☆☆
リミテッド有用度★☆☆☆☆
脅威の吸引力★★★★★

常夜の影

不死付きシェイド。死ねば基本能力が底上げされるけれど、回避能力は無いので何か付けてあげよう。

構築有用度★★☆☆☆
リミテッド有用度★★★★☆
まっくろくろすけ度★★★★★

極上の血

プレイヤーへの吸血能力をイメージしたようなエンチャント。ただ、これ一枚だけで仕事をしてくれるわけでもなく、普通に重たい。残念ながらコレクション枠。みずみずしい流血表現のあるイラストは好きなんだけどねぇ……。

構築有用度★☆☆☆☆
リミテッド有用度★☆☆☆☆
極上の残念度★★★★★

腐肉化

対象をゾンビに変えるオーラ。軽い除去としての働きもしてくれるので、リミテッドでは使い勝手のよさで人気が出そう。

構築有用度★☆☆☆☆
リミテッド有用度★★★★☆
肉は腐ったら美味しくない度★★★★★

鬱外科医

ライブラリーがそのままコイツのダメージ許容量となるので、ダメージで死ぬことはまず無く、優秀なブロッカーとして機能する。ただ、ライブラリーは追放されるので、削れ具合によっては大事なカードを失って自分が死ぬ可能性も大いに有り得る。

構築有用度★★★★★
リミテッド有用度★★★☆☆
コイツの存在こそが鬱の種度★★★★★

墓の入れ替え

《死者再生》《チェイナーの布告》を同時に行うソーサリー。カードを 2 枚使うよりもアド損はしてないのにコストが重いので逆に損した気分になれる不思議なカード。

イラストがほのかにコミカルな感じ。

構築有用度★☆☆☆☆
リミテッド有用度★★★☆☆
墓の中身が入れ替わる度★★★★★

グリセルブランド

アヴァシンのライバル。シャバに出てきて数時間でぬっ殺されてしまったある意味おいしいデーモン。

なんといっても《ヨーグモスの取り引き》的な能力が魅力的。能力の起動はタイミングを選ばないので、出したターンに除去られても最悪カードは引けるため、出しただけの見返りは期待できる。自身のスペックもかつての《悪斬の天使》を超えるが、なにより重たいのでまずは墓地から釣ることを考えましょう。

構築有用度★★★★☆
リミテッド有用度★★★☆☆
獄庫にいた頃の存在感★★★★★

魂の収穫者

何体目かのデーモン。飛行が無い代わりに接死が付いてる。生け贄の効果などを使ってカード引き増していくと美味しい。でも、ドローには制限が付いているので注意。

構築有用度★★★☆☆
リミテッド有用度★★★★☆
ご利用は計画的に度★★★★★

人殺しの隠遁生活

『単騎』推し第三弾。タフネスの修整値が低く頭でっかちになる反面、絆魂による回復量は大きくなるので、ダメージレースでの不利はなんとかカバーできるかもな程度。しかし、こういったのはえてして

袋叩きによる被ダメージ量>>回復量

となるため、どーしても置物になりがち。

構築有用度★☆☆☆☆
リミテッド有用度★★☆☆☆
フレーバーテキストの危険度★★★★★

人間の脆さ

超ニッチ除去。最近は人間のクリーチャー・タイプを持っている奴が多くいたりする。《刃砦の英雄》とか、《瞬唱の魔道士》とか、《秘密を掘り下げる者》とか、《高原の狩りの達人》とか、ブロック構築だと人間が流行っているので使われるんじゃないでしょうか?

構築有用度★★★★☆
リミテッド有用度★★★☆☆
痒い所に手が届かない度★★★★★

狩り立てられたグール

現在進行形で大変な目に遭っているかわいそうな子。逃げているためか、攻撃に手が回らないご様子。

構築有用度★☆☆☆☆
リミテッド有用度★☆☆☆☆
待ち人は牢屋の中度★★★★★

殺戮の波

クリーチャーを維持する代わりにライフの支払いを強制するちょっと変わった全体除去。それなりにマナをつぎ込まないといけない点があるものの、並べるデッキには効果的。X の値は 4 以上がベスト。

構築有用度★★★☆☆
リミテッド有用度★★★☆☆
嫌いなものは嫌い度★★★★★

マルフェルドの双子

言ってしまうと何の変哲もない 6 マナ 4/4。単純に 3 マナ 2/2 を二体組み合わせて作りましたみたいないい加減な感じがなんとも言えない。

フレイバーテキストのギサ姐の出たがりっぷりに反して弟の方の影の薄さたるや。……ひょっとしてあいつ、リリアナに殺されてないか?

構築有用度★☆☆☆☆
リミテッド有用度★★★☆☆
どんぶり勘定度★★★★★

骨髄コウモリ

頭でっかち。《腐敗した沼蛇》とは違って回避能力が付いたため、攻撃が通った際はかなりの痛手を与えられる。曲がりなりにも再生が付いているため、もしもの時は緊急回避が可能。でも、マイナス修整だけは勘弁な。

構築有用度★★☆☆☆
リミテッド有用度★★★★☆
何で飛べるの度★★★★★

精神的苦悶

おまけのついた《精神錯乱》。2 点ライフロスは地味だけど個人的に嫌いではない。だからといって 2 枚も 3 枚も入るわけではないけど。白の《天使の慈悲》とイラストが対になっている。二人して凄い顔。

構築有用度★★☆☆☆
リミテッド有用度★★★☆☆
恐怖のにらめっこ度★★★★★

屍噛み

《ゴルゴンの凝視》に近い能力を持つけれど、こちらは 3 マナ。擬似的な除去として使えるほか、除去回避としてもより使いやすくなった。

構築有用度★★☆☆☆
リミテッド有用度★★★★☆
人肉は食い物度★★★★★

汚染された死体

嘔吐物を撒き散らしながら歩いているゾンビ。コイツの吐瀉物は土地を蝕むらしい。おっかないね。忘年会シーズンなんかになると、こんな感じの人たちがたくさん発生するよね。

構築有用度★☆☆☆☆
リミテッド有用度★☆☆☆☆
吐き過ぎ注意度★★★★★

捕食者の計略

『単騎』持ちオーラ。《邪悪なる力》とあまり変わらないのにちょっとがっかり。

構築有用度★☆☆☆☆
リミテッド有用度★★☆☆☆
ゴリ押しは計略ではない度★★★★★

反逆の悪魔

今回の黒の 5 マナ 5/3 枠はデーモンでした。反逆とか言われているけど、追い詰められている風に見えるのは気のせい?

構築有用度★☆☆☆☆
リミテッド有用度★★★☆☆
絶体絶命度★★★★★

照明灯の霊

リミテッドでは基本性能の 2/1 飛行。とってつけたかのようなおまけで接死がたまにつくかも。

構築有用度★☆☆☆☆
リミテッド有用度★★★☆☆
おまけのハズレ度★★★★★

魂獄の悪鬼

3 マナ 3/2 で「死亡したとき」に 3 点は、除去耐性とかを考えなければなかなかのスペック。これがゾンビだったら構築シーンでもワンチャンあったのに。

構築有用度★★☆☆☆
リミテッド有用度★★★☆☆
フレイバーの死亡フラグ度★★★★★

奈落に住まう騙し屋

驚きのコスパとデメリット。対戦相手を対象にできなくなればコントロールは自分のものになる。使ってみたいと思わせる魅力を秘めたデーモンだけど、デメリットを回避する手段を用意するのが難しそう。《伏魔殿》があればメリットだけを享受できそう。

構築有用度★★★★☆
リミテッド有用度★★★★☆
そして騙される度★★★★★

残虐の勝利

《獰猛さの勝利》と対になるカード。能力でいうとドロー効果を持つあちらの方に軍配が上がる。対になっているイラストは、二つ並べるとちょっとシュール。

構築有用度★★☆☆☆
リミテッド有用度★☆☆☆☆
場面のシリアス度★★★★★

アンデッドの処刑人

能力は《遠沼の骨投げ》の反対。一応タフネス 4 までを討ち取れるけど、能力の発動タイミングが死亡時のため、すこぶる使いづらい。

構築有用度★☆☆☆☆
リミテッド有用度★★★☆☆
体格も正反対度★★★★★

不浄の契約

死亡したクリーチャーを自動的に釣り上げてくれるシブいオーラ。手持ちの大事なファッティに貼るも良し。除去と併用して相手のクリーチャーを掠め取るのもまた良し。

フレイバーテキストを見る限り、悪魔との付き合いはヤクザとのそれに似ていると思ったのはちゃずむだけではないはず。

構築有用度★★☆☆☆
リミテッド有用度★★★☆☆
暴力団ダメ、ゼッタイ度★★★★★

■おわりに

『アヴァシンの帰還』における黒は、新しい能力である『結魂』と『奇跡』が無いためか、ネタの面ではある意味一番おいしい色だと思います。

イニストラードブロック通して不遇だった黒ですが、ヴィランの色としてブロックの世界観を美しく飾っている立役者として目を向けていただけると、レビューした自分としても嬉しく思います。

ちゃずむのカードレビューはこれで終了ですが、新しいセットが出る際にはまた懲りずにしゃしゃり出てくると思います。その日まで、一緒にエンジョイマジック!


編者から筆者を紹介します

本コラムを執筆してくれたちゃずむ @DeadlyChasm さんは、筋金入りのリミテッダーからなんでも遊ぶオールラウンダーにジョブチェンジした女性プレイヤーで、こっそりとチャンピオンシップが始まる以前からの常連さんです。

朝から大会して午後からドラフトして夜は打ち上げに行って、たまのグランプリには遠征して遊ぶという、由緒正しき LMC ライフを楽しんでいる LMC 勢の一人ですね。いつもスタッフやプレイヤーにスイーツを差し入れてくれてありがとうございます。

Posted by LMC Promoters, on 2012/05/20
Last update on 2012/05/22 07:46

Amazon
 Official
 Archives
 Recent Article
 Search
Powered by Google
 Contact

お気づきの点、率直な感想や、こんな情報が欲しいというご要望などありましたら、ぜひ、お気軽に webmaster at magicdailynews.com へご連絡ください。

MDNLiveをフォローしましょう RSS feed