MAGIC DAILY NEWS マジック:ザ・ギャザリング MtG 大会結果・デッキリスト・公式情報中心のマジック系ブログ

  TOTAL :
T: Y:
マジック:ザ・ギャザリング MtG の大会結果・デッキ・イベント情報をネタにお届けするマジックブログ
今後のイベント予定
05/03: LMC成田628th - リミテッド神挑戦者決定戦トライアル
05/19: LMC成田629th - Modern

闇の隆盛 色別レビュー:多色 はてなブックマークに追加 livedoor クリップに追加

Written by ろーぐ
LMC Web Magazine

こんばんわはじめまして、ろーぐと申します。ローグデッキとドラフト大好き、しかし見た目はおっさんお兄さん、プレイは子供!(← なオールインデッキしか使えない系プレイヤーでございます。

今回は初レビューにして多色を担当させていただきました。わずか 9 枚のカードたちですが、少しでもみなさまの印象に残れば幸いです。基本的にカード評価はリミテッド視点ですが、なにしろ僕は M12 ドラフトで 7 連続一没する程度の実力なので、そのあたりを察しながらご覧下さいませ。


Drogskol Reaver

スピリットにしては物騒な名前。スピリットなのに肉裂いちゃうんですかね? もしかして内側から? ギャー!

指長いんで、浄化されて転生したらピアニストに転職すればいいんじゃないかと思います。


二段攻撃なのでアタックが通れば 2 枚ドロー+6 ライフという爆アドっぷり。ドラフトでは重さが気になるところですが、シールドなら対処されなければ GG。

またライフを得た時にドローなので、透明人間+包丁のおなじみコンボがあれば出したターンにドローできます。その時点で勝ってそうですが。地味ですが《大物潰し》にかからないという利点も。

ミラディンブロックやタイタンがスタンダード落ちしたら《聖別されたスフィンクス》の後釜にいかがでしょう。ワンチャン、いや 0.5 チャンくらいなら……。


Falkenrath Aristocrat

うっかり印刷上の日本語名がかぶっちゃったあの方。《記憶殺し》で 8 枚抜きとかできませんので注意を。しないけど

何か食べると元気モリモリです。ト○ネコ? シ○ン?


飛行速攻持ちのパワー 4、さらに除去耐性までついてくる! でもお高いんでしょう? いいえ奥様、なんと 4 マナなんです! 人間じゃなくても十分な数のクリーチャーを用意できれば、相手が青白飛行でない限りそのままゲームを決めてくれることでしょう。用意できればね。

あとインスタントタイミングで陰鬱を起こせます。常に意識してプレイしましょう。僕は良く忘れます。


Havengul Lich

忙しい人のための《ヘイヴングルの死者》:悪用してね!


クリーチャーによるクリーチャーのための《ヨーグモスの意志》が(マナさえあれば)撃ち放題!!これ+《心なき召喚》《ウラブラスクの僧侶》で無限マナ、という使い道があったりとヤバい香りがプンプン。しかし《墓掘りの檻》というアンチカードもしっかり用意されているのでした。リミテッドではクリーチャーが倍になるので言わずもがなの強さ。

このカードの真骨頂は色さえ合えば対戦相手の墓地まで使えちゃうこと。憎き相手の《瞬唱の魔道士》も、倒してしまえばこちらの味方! さらにその《瞬唱の魔道士》が死亡しても追放されず墓地に行くため何度でも《瞬唱の魔道士》が使い回せ、これでターボフォグが組める!?……あれ?


Huntmaster of the Fells (Ravager of the Fells)

昼間は獣を狩り(腰にボウガン持ってますね)、夜は人間を狩るのでしょう。どっちから見ても裏切り者!

狼男全体に言える事ですが、変身時は服どうしてんの? 大猿変身後のベジータみたいにならないんですかね。


裏表どちらに変身してもアドバンテージを得られ、特に裏向きに変身した時の 2 点+2 点は強烈。サイズが 2/2、4/4 であることから、地上に 4/5 が出てくるとちょっとモジモジしそうだが、戦闘時に《月霧》でシャクリ+2 点で盤面崩壊なんてこともありうるので要注意。


Diregraf Captain

ここからはアンコモンのロードシリーズ。初っ端は青黒ゾンビロード、ちょっと落ち武者っぽい。

落ち武者と言えば、坊主になってしまった彼らを見られるのは(今の)LMC だけ!?


自分のゾンビが死ぬと相手 1 点ルーズ、相当嫌らしいことは間違いない。相手のライフを残り数点まで詰めればゾンビ軍でのアタックで詰み、また《縫い合わせのドレイク》が 4/5 飛行になるとかなりの脅威。

で、ドレイクを出すために《錯乱した助手》でライブラリーを 1 枚落とすと、隊長がぽろっと落ちていったりする。ここまでテンプレ


Drogskol Captain

スピリットというよりはガイコツ船長っぽい、青白隊長なのに赤いマントが妙にオサレな、でもやっぱりガイコツ。


カードリスト見たとき、正直引いた……は言いすぎですが、ちょっと声出た。休憩中でよかった(←

スピリットは元々大半が飛行持ちで質・量共に十分の上、全体除去が白・赤(両方レア)しかないところに呪禁付与は涙目レベル……。アンコモンなので 2 体並ぶこともそれなりにありえます。相手に 2 体目出てきたらスタックして投了まである(注:投了はいつでもできます。ねんのため)。

いちおう《モークラットのバンシー》《果樹園の霊魂》《絡み根の霊》もスピリットですが、共通の対抗色である赤にはスピリットがいません。

「共通の対抗色にはその種族はいない」の法則があるかと思いましたが、緑の新顔に《グール樹》(ゾンビ・ツリーフォーク)がいたので不成立。


Stromkirk Captain

赤黒は吸血鬼。ところで吸血鬼って金属の武器大丈夫だっけ? と思って調べたら銀以外は大丈夫、ってか銀以外の金属では傷つけられないらしい。

その設定、カードに反映されませんかね。プロテクション(《戦争と平和の剣》)とかプロテクション(《饗宴と飢餓の剣》)とかで。


これも結構強い。赤黒吸血鬼にはぜひ欲しい 1 枚。《マルコフの上流階級》が更にうっとおしくなる。イニストラード×3 ドラフトでは 2 マナの吸血鬼は安く取れることが多かったですが、闇の隆盛でこれを取ったうえで吸血鬼をかき集めることができれば、ガン攻め赤黒の新しい(?)アーキタイプになるんじゃないでしょうか。


Immerwolf

これだけは隊長じゃない、というかそもそもヒト型じゃなかった

素のサイズが 7/7 の《爪の群れののけ者》よりエライんでしょうか。狼界のヒエラルキーは謎に包まれています。知っても多分得しないけど。


サイズアップする範囲が「狼・狼男」と広いので、例えば《暗茂みの狼》が 5/5 になる可能性を見せながら殴っていけたりしちゃう。さらに変身した狼男を表面に戻さないというなかなかイカした能力があり、一度反転させれば自分からスペルを連発できるのも強み。《高原の狩りの達人》/《高原の荒廃者》とはアンチシナジーなのが残念。

ちなみに青の《礼儀正しい識者》/《人殺しの粗暴者》は裏面が人間・ミュータントなので、ちゃんと表に戻ることができます。うまくできてんなー。


Sorin, Lord of Innistrad

-かくして、彼は帰還した。

-イニストラード。生と死が蔓延る、彼のルーツへ。彼のかつての領地へ。彼の屋敷へ。

-彼にはやるべきことがある。

-黒い革張りの椅子にゆっくりと腰かけた君主は、一つ、深い溜息を吐く。

-その鋭い視線の先にあるものは-



『M12 に黒のプレインズウォーカーなんていなかったwwww』

『ワンコインPW()』

『俺こないだ安レアストレージに入ってたの見たw』

『こないだ使ってたら相手全員にテキスト確認されて二度見されたw あっもちろんコマンダーねww』

「くそおおおぉぉぉっっっ!!!」

罪のないデスクを殴りつけ目を血走らせたソリンが、モニタに向かって物凄い速さでキーボードを叩く。

《ソリン・マルコフ》が使えないとか素人乙』

《ヴェールのリリアナ》強いとかステマ()』

《記憶の熟達者、ジェイス》なんてデッキに居場所ないじゃん! ばーかばーか!』

そんな彼の書き込みも、圧倒的物量レス&晒しageの嵐に飲み込まれていくばかり。

『黒タイタンですら黒黒なのに黒黒黒のソリンときたら……』

『ニッサとショーケースの隅で大人しくしてろよww』

『新ジェイスはエスパーコンに採用あるし。デッキリストも調べられないのか?』

『さっきからソリンソリン言ってるのって同一IDだよね?本人乙www』

「うわあああぁぁぁん!!!今に見てろおおおぉぉぉ!!!」

彼の叫び声は、イニストラードの昏い空に吸い込まれて消えていった。


おうちに帰った彼が強いのはネット弁慶だからなのでした。ちゃんちゃん。

え? カード評価? 闇の隆盛が 1 パック目なんだから見たら取るに決まってるでしょ。万一 2 手目に流れてきたら、上家のピックはきっとソリン Foil です。ご愁傷様でした。


以上、枚数少ないのでちょっと濃い目にお届けした多色レビューでした。最後はっちゃけすぎてソリンが次元渡りして殴りに来るレベルですね!

それでは今夜はここまで。どこかのドラフト卓で僕とあくsy…おや、こんな時間に誰か来たようです。ちょっと失礼。

(原稿はここで終わっている)


編者から筆者を紹介します

本コラムを執筆してくれたろーぐ @takato_rogue は、大人チームの良心、学生チームのお兄さんのような面倒見のいい社会人プレイヤーです。

学生時代にマジックをやっていて、仕事が忙しくなって引退し、時間ができるようになってまた戻ってくるというお手本のような復帰を決めたのですが、復帰直後は「カードがないから」リミテッドオンリー、ドラフトオンリーで一年ほど過ごし、ドラフトでカードを入手したしかる後に構築も遊ぶようになったという強者。いちばん効率がいいのかもしれません。

Posted by LMC Promoters, on 2012/02/09
Last update on 2012/02/08 09:01

 Official
 Archives
 Recent Article
 Search
Powered by Google
 Contact

お気づきの点、率直な感想や、こんな情報が欲しいというご要望などありましたら、ぜひ、お気軽に webmaster at magicdailynews.com へご連絡ください。

MDNLiveをフォローしましょう RSS feed