MAGIC DAILY NEWS マジック:ザ・ギャザリング MtG 大会結果・デッキリスト・公式情報中心のマジック系ブログ

  TOTAL :
T: Y:
マジック:ザ・ギャザリング MtG の大会結果・デッキ・イベント情報をネタにお届けするマジックブログ
今後のイベント予定
05/03: LMC成田628th - リミテッド神挑戦者決定戦トライアル
05/19: LMC成田629th - Modern

闇の隆盛 色別レビュー:黒 はてなブックマークに追加 livedoor クリップに追加

Written by Chasm
LMC Web Magazine

お久しぶりです、LMC の《オリヴィア・ヴォルダーレン》ことちゃずむです!

いよいよイニストラードブロック第二エキスパンション闇のたかもり……もとい『闇の隆盛』発売ということで、MDN ではお馴染みとなったレビュー記事をお送りします。

ちゃずむは、前回に引き続いて黒のカードのレビューを担当させていただきますが、今回は前回以上の記事のクオリティ向上を図るべく、匿名希望氏にツッコミをもらう形で執筆に協力してもらいました。

今回は構築環境・リミテッド環境それぞれでの有用度ということで、カードの評価を 5 段階でかんたんに点数付けしております。個人的な主観が盛り込まれた評価点となっておりますが、環境攻略の参考としていただければ嬉しいです。

ちなみに、どうでも良いことですが、《不死の火》の吸血鬼少女のファッションは、ゴシック調ではありますが、いわゆる『ゴスロリ』ではありません。

さて、若干前置きが長くなってしまいましたが、本題のレビューに移りましょう。それでは、どーぞ!


Black Cat

ランダムディスカードの死亡したとき能力を持つにゃんこちゃん。元気に毛並み自慢なんぞをしていますが、ゾンビでもあるのでゾンビ関係のカードとシナジーが狙えます。

構築での有用度★★☆☆☆
リミテッドでの有用度★★☆☆☆
もふもふ度★★★★★

「白派と黒派に別れると思うけど、カード名的に圧倒的に黒派が多そうだね。どっち派?」


Chosen of Markov (Markov's Servant)

噂のマルコフ家ファンクラブ会員。吸血鬼に選ばれるのは美形か才能のある人とされるだけあってこの人も美人。

ていうかこれじゃあファンクラブじゃなくてハーレムじゃないですかやだー!!

構築での有用度★☆☆☆☆
リミテッドでの有用度★★★★☆
ドレスもステキ度★★★★★

「イラストもいいけど、リミテッドでも環境的にかなり優秀。軽くてでかいのが良い」


Curse of Misfortunes

『連鎖する不幸』を連想させる呪い。引っ張って来れる条件としては、場に出ているものと違う呪いとあるので、呪いの重ね貼りが非常にやりづらいです。

……それはそれとして、テキストおかしいですね。ほら、『探してもよい』って書いてある前後。どこから探すんだよと。

構築での有用度★☆☆☆☆
リミテッドでの有用度★☆☆☆☆
翻訳がんばって度★★★★★

訂正出るでしょ。基本はゴミだけど将来的にエムラクールクラスの呪いが出て高騰する可能性が微レ存あるカード」


Curse of Thirst

《貫かれた心臓の呪い》に似てる直接ダメージの呪い。ダメージ量は貼り付けた呪いの数に依存するので、コストの割には効果が期待できないです。

構築での有用度★☆☆☆☆
リミテッドでの有用度★☆☆☆☆
飲みすぎ注意度★★★★★

「フレーバーテキストはイニストラード式の飲み会コールですね。わかります」


Deadly Allure

赤と黒のデザインがイカすボディスーツに包まれた美脚と、パイ間が眩しいエキゾチック美女なチャンネーのイラストが印象的なソーサリー…ってクリーチャーじゃないのか、これ。

最初見たとき往年の名コンボ「バジリスクルアー」をお手軽に実現出来ると勘違いしてました。まっきーに「そんなことないよ」と突っ込まれて、テキストを確認したら本当にそんな事なくて泣いた。

構築での有用度★☆☆☆☆
リミテッドでの有用度★★★☆☆
セクシー度★★★★★

「引いたターンに表裏で使えば、2 体まで倒せるのでお忘れなく」


Death's Caress

待望の相手を選ばないクリーチャー除去。いままで対処できなかった狼男・吸血鬼のボムに対応できるようになり、これで一安心。

構築での有用度★★☆☆☆
リミテッドでの有用度★★★★★
豪快に鷲掴み度★★★★★

「フレイバーテキストのT子って誰?」

ちゃずむ 「丁子(ちょうじ)という花の名前です。香辛料に使われます。知っている人あんまりいなそう」


Falkenrath Torturer

コモンにも陰鬱エンジンが登場です。コイツ自身は序盤のアタッカーとして活躍しますが、人間の数によっては中盤以降には凄いサイズになっている事もあったりなかったり。

構築での有用度★★☆☆☆
リミテッドでの有用度★★★★☆
拷問というより監禁度★★★★★

「スペックはただの《ドロスバッタ》だけど、生贄メカニズムが少なかったのでキーパーツになりそう」


Farbog Boneflinger

《見栄え損ない》付きゾンビ。程よいコスト設定と修正値が魅力。それにしてもこのフレイバーテキストに書かれてるグール呼び姉弟、仲が悪い。

構築での有用度★★☆☆☆
リミテッドでの有用度★★★★★
姉弟仲良く度★★★★★

「シンボル軽いので取りやすい。《死せざる邪悪》とのお手軽コンボは魅力」


Fiend of the Shadows

相手の手札を追放し、その手札を使えるという、黒にしては珍しい能力の吸血鬼さん。ハネた手札が使えるかどうかは運に左右され、さらにハネた手札のコストは自分で払わないといけないので、手札破壊のオマケと考えた方がよさそうですね。

リミテッドでは貴重な黒の航空戦力ですが、コストの重さがネックです。

構築での有用度★★☆☆☆
リミテッドでの有用度★★★☆☆
よく見るとコワモテ度★★★★★

「こいつが場を離れても使えるって知ってた?」


Geralf's Messenger

グール呼び姉弟の弟のほう、ゲラルフ君の作品。そこはかとなく某 T-800 型に似ている……。コストの色拘束は強烈だけど、とにかく攻める姿勢を崩さない能力が黒らしくて Good です。

構築での有用度★★★★☆
リミテッドでの有用度★★★☆☆
ターミネーター度★★★★★

「数少ない構築クラス。3 ターン目から連打するだけで簡単マジックできる。ただタップ状態なのが気になる」


Gravecrawler

軽量ゾンビのラインナップに衝撃のニューフェイス。ワインレッドの上着を着こなすお洒落さんです。モダン環境だと似たような能力を持っている《恐血鬼》と比べてしまうと見劣りしちゃうのが残念ポイントですが、ウィニーデッキよりもコンボデッキでの活躍がありそうですね。

構築での有用度★★★★☆
リミテッドでの有用度★★★☆☆
オシャレ度★★★★★

「リリアナさんが呼び出すだけでこんなに強さが変わるのか……」


Gravepurge

ほぼ《足の底の饗宴》の同型再販。リミテッド環境で、死亡したりうっかり発掘しすぎて墓地に落ちてしまったクリーチャーの回収に。

構築での有用度★☆☆☆☆
リミテッドでの有用度★★★☆☆
死体沸き過ぎ度★★★★★

「ライブラリ破壊相手にサイドインすると良いよ。覚えておきましょう」


Gruesome Discovery

素撃ちだと《精神腐敗》、陰鬱のオマケで《強要》×2。正直、あまり使いたくない。

構築での有用度★☆☆☆☆
リミテッドでの有用度★★☆☆☆
最近のハンデス弱いよね度★★★★★

《脳ゾウムシ》《夜の恐怖》よりはこっちのほうが強いかな。ビートがコントロール相手に使うと良さそう」


Harrowing Journey

デメリットアリのドローカード。引ける枚数が 1 枚増えただけで 5 マナになるあたりとかも黒らしい。対象は自分でなくても良いので、相手に撃ってダメ押しなんて方法もある。

構築での有用度★★☆☆☆
リミテッドでの有用度★★★☆☆
命がけのドロー度★★★★★

「カード名は大会レポのサブタイトルに使えるね」


Highborn Ghoul

ゾンビウィニーの構成員。標準的なコストとサイズにソンビらしい回避能力。すべてにおいて普通! 名前は名門なのに普通!!

構築での有用度★★★☆☆
リミテッドでの有用度★★★★☆
生前はエリートだった度★★★★★

「駄目エリートらしくセリフは完全に滑ってるね。××さんみたい」


Increasing Ambition

黒の高まるシリーズの効果は《魔性の教示者》。フラッシュバックは激重なのですこぶる使いづらいけど、効果は魅力的。

構築での有用度★★★☆☆
リミテッドでの有用度★★☆☆☆
高まる残念度★★★★★

「たかもりシリーズの黒。さすがに構築では重すぎるね。イラストと同じで見掛け倒し」


Mikaeus, the Unhallowed

元月皇。その変わりっぷりといったら、学生時代気になっていた黒髪ロングのメガネ美少女が、数年後の同窓会でゴテゴテメイクのアゲ嬢になっていたくらいの変わりっぷり。生前の姿からは分かりませんでしたが、意外にも法衣の下に鍛えた肉体を隠し持つ武闘派だったようです。

優秀なアンチ人間能力であるものの、コストの重さが気になるので、小細工を駆使して登場させるのがベストですね。

構築での有用度★★☆☆☆
リミテッドでの有用度★★★★☆
衝撃のイメチェン度★★★★★

「こういうのがあるとコンボデッキ考えちゃうよね。コンボデッキにとって成立しなくても単体で殴り勝てるスペックを持つパーツは重要。高評価」


Ravenous Demon (Archdemon of Greed)

やたら綺麗な白肌のデーモン。美肌うらやましい。変身と維持コストに人間を要求しているあたりに美白の秘訣がありそうなのですが、手持ちの『食人全書』にはそういう記述が無かったので、真偽の程は不明です。

打点は抜群ですが、色的に人間が少ないので変身後のリスクが厳しいです。

構築での有用度★☆☆☆☆
リミテッドでの有用度★★★☆☆
美白度★★★★★

「なんで『食人全書』が手持ちにあるのさ……」

ちゃずむ 「てへペロ(・ω<)」


Reap the Seagraf

トークン生成。《神聖を汚す者のうめき》よりも性能は落ちるけど、多色のゾンビデッキには欠かせない(?)一枚。カードのイメージとしては、沈没した船からゾンビがわさわさ出てくるみたいな感じか。

構築での有用度★☆☆☆☆
リミテッドでの有用度★★★☆☆
助けて、ド○えもん!度★★★★★

「多色でもというより多色じゃないとデッキに入らないね。強くないけどデッキに入りそうな評価の難しいカード」


Sightless Ghoul

不死付きの 2/2。3/3 になって帰って来れるものの、回避能力が無い 4 マナバニラはなんだか物足りないなぁ。

構築での有用度★☆☆☆☆
リミテッドでの有用度★★★☆☆
エクストリームスイカ割り度★★★★★

「緑の不死と比べたらとても残念。せめてブロックさせてよ」


Skirsdag Flayer

強力な除去能力を有したシステムクリーチャー。起動コストは重いけど、効果はやっぱり魅力的。最悪自分を生け贄に捧げても能力は発動するし。

構築での有用度★☆☆☆☆
リミテッドでの有用度★★★☆☆
それでも使うのは一回きりで終わりそう度★★★★★

「場に出るコストが軽いのがいいよね。不足しがちな 2 マナの穴埋めになる。さすがにリミテッドでは強い」


Spiteful Shadows

クリーチャーが受けたダメージを、主人にそのまま与えてしまうオーラ。《不気味な人形》みたいな破壊されないクリーチャーに貼り付けて、そこに向かってティムる使い道があることにはある。

構築での有用度★☆☆☆☆
リミテッドでの有用度★☆☆☆☆
大抵は嫌がらせにもならない度★★★★★

「ほつれた血管の下位互換。安定の 14 手目」


Tragic Slip

《霊炎》に似た 1 点火力。陰鬱ボーナスで修正値は 13 に跳ね上がります。陰鬱の方法さえどーにかなれば大抵のクリーチャーは殺せるので、構築でも使われる……のかな?

構築での有用度★★★☆☆
リミテッドでの有用度★★★★☆
足元注意度★★★★★

「これは構築ですぐに使われるね。《肉体のねじ切り》と差し替えで」


Undying Evil

頑強持ちと相性が良い不死能力をつけることができるインスタントです。コンバットトリックではないのでたくさん投入はできないですが、戦場に出たとき能力持ちの数次第では大活躍!

構築での有用度★☆☆☆☆
リミテッドでの有用度★★★☆☆
額の紋様が気になる度ヌヌヌヌヌ

「タタタタタじゃね?」


Vengeful Vampire

後姿の格好良い吸血鬼。どう見ても舞空術の練習中にしか見えません。

イニストラード環境で、最初から飛んでる黒単色のクリーチャーはコイツを入れて 6 体います。そのほとんどがレア以上とあって、黒を使う上では非常に貴重な航空戦力なのですが、6 マナはとにかく重いの一言。

構築での有用度★☆☆☆☆
リミテッドでの有用度★★★☆☆
というか吸血鬼っぽくない度★★★★★

「見た目もスペックもヤムチャ並の強さ」


Wakedancer

3 マナ 2/2 の標準的なクリーチャー。陰鬱でオマケがついてくる事も。コストに人間を生け贄にする能力が多いので、もったい無い気もするけどそれの支払いに充てる使い方がモアベター。

構築での有用度★☆☆☆☆
リミテッドでの有用度★★★☆☆
美乳度★★★★★

「過度な期待は禁物。3 マナ域の穴埋めにどうぞ」


Zombie Apocalypse

ゾンビのリアニメートと、人間の破壊の両方を行う豪快なソーサリー。某ゾンビ屋れい子のゾンビ蘇生術の台詞を絶叫しながらこれを唱えると、中二病臭さが際立って良い感じですが、やった瞬間ジャッジにつまみ出されるので注意。

構築での有用度★☆☆☆☆
リミテッドでの有用度★★☆☆☆
中二病度★★★★★

「スタンダードで使おうと思って種族ゾンビで検索するとがっかりするよ。モダンだとゾンビだけで無限コンボできるけど」


■あとがき■

匿名希望 「しかし、こうやって見ると黒はリミテッドであいかわらず不遇だよね。イニストラードで弱かったからテコ入れされると思ったのに」

ちゃずむ 「ドラフトはともかくシールドだと強くない?」

匿名希望 「なんかあったっけ?」

ちゃずむ 「《イニストラードの君主、ソリン》とか《ヘイヴングルの死者》とか《解き放たれたウィゼンガー》とか?」

匿名希望 「たしかに黒いけど多色や茶色じゃねーか! しかも最後の裏面だし!」

ちゃずむ 「てへペロ(・ω<)」

ちゃずむ 「でも《不浄なる者、ミケウス》は強くない?」

匿名希望 「確かにミケウスは強いね。でもそれ以外に黒に向かいたいカード無いよ。逆に言うと、闇の隆盛で黒の人数を絞っておけばイニストラードでウハウハにできるってことでもあるけどね。デーモンや《血統の守り手》が流れてきたり。上家で《マルコフに選ばれし者》で黒主張とかすると、下は黒を取りたくなくなるから、狙ってみてもいいと思うよ」

ちゃずむ 「固め取りがやたらと強い環境だからそれいいかもね。マルコフファンクラブ強いなー」

匿名希望 「ちゃずむもファンクラブを作ればいいんだよ」

ちゃずむ 「えっ」

匿名希望 「えっ」


編者から筆者を紹介します

本コラムを執筆してくれたちゃずむ @DeadlyChasm さんは、筋金入りのリミテッダーからなんでも遊ぶオールラウンダーにジョブチェンジした女性プレイヤーで、こっそりとチャンピオンシップが始まる以前からの常連さんです。

朝から大会して午後からドラフトして夜は打ち上げに行って、たまのグランプリには遠征して遊ぶという、由緒正しき LMC ライフを楽しんでいる LMC 勢の一人ですね。いつもスタッフやプレイヤーにスイーツを差し入れてくれてありがとうございます。

Posted by LMC Promoters, on 2012/02/05
Last update on 2012/02/06 00:02

 Official
 Archives
 Recent Article
 Search
Powered by Google
 Contact

お気づきの点、率直な感想や、こんな情報が欲しいというご要望などありましたら、ぜひ、お気軽に webmaster at magicdailynews.com へご連絡ください。

MDNLiveをフォローしましょう RSS feed