MAGIC DAILY NEWS マジック:ザ・ギャザリング MtG 大会結果・デッキリスト・公式情報中心のマジック系ブログ

  TOTAL :
T: Y:
マジック:ザ・ギャザリング MtG の大会結果・デッキ・イベント情報をネタにお届けするマジックブログ

ぴんぐぅ 初めての海外グランプリ参戦記 前編 はてなブックマークに追加 livedoor クリップに追加

Written by ぴんぐぅ
LMC Web Magazine

MAGIC DAILY NEWS をごらんのみなさま、こんにちは! ぴんぐぅ(27 歳 無職 独身 男性)です。

おもな戦績といえば、千葉県佐原市で行われていた非合法非公式トーナメント Magic Junky 優勝程度のアマチュアプレイヤーが、グランプリ・シンガポール参戦記を書かせていただきました。「今回は勝てそうにないからグランプリなんて参加しません!」なんてパンク精神のかけらも無いにわかデュエリストでも気楽に GP サーキットできるような記事にしたいと思います。

せるぷーさんの記事と違って MTG に関する内容はほぼ無い点については、ツッコミ無用でお願いします。

ぴんぐぅ 初めての海外グランプリ参戦記 0 回戦編

今年の 3 月まで土日に仕事があったため、海外どころか国内の GP も参戦しにくい状態だったのですが、3 月いっぱいで高校卒業から 9 年務めた仕事を辞め、晴れて自宅警備員への転職を果たしました。社会人デュエリスト最大の壁、休日確保の 0 回戦は何の問題もなくクリア! ハッピー度☆☆☆です。

0 回戦を突破をしたのは良かったのですが、海外 GP どころか海外旅行すら行ったことがないうえに、中学レベルの英会話もできない自分。そんな自分でも、同行者である三田村和弥さん、現地で会った日本人プレイヤーに頼りまくることで不自由を感じることなく楽しむことができました。

持つべきものは頼れる友人ですね。

ぴんぐぅ 初めての海外グランプリ参戦記 成田~入国編

木曜日 17 時成田発~金曜 0 時シンガポール着、月曜 7 時シンガポール発~15 時成田着の日程を三田村さんに組んでいただきました。初海外なので出発 2 時間以上前に成田空港に到着し、ドコモショップで海外パケ放題の設定変更方法などを確認しているうちに三田村さんと合流。

余裕を持って行動していたのですが、搭乗口付近でモンハンをしながら出発を待っていたら、いつのまにか搭乗が終わりそうになってる! あわてて搭乗して席についた時に PSP ケースを搭乗口付近のイスに置き忘れたことに気が付きました。シンガポール到着後 ANA に確認したところ、PSP ケースと中身(充電器、PSP ソフト 1 本)の無事を確認できました。日本が民度の高い国で良かったと実感した瞬間です(´Д⊂

シンガポール到着は深夜だったので、タクシーでまっすぐホテルへ。シンガポール市内はそこらじゅうにセブンイレブンがあり、深夜でも食に困りません。商品は現地にしかないようなカップヌードルなどもありますが、ソイジョイ、オレオ、ジャガリコなどの見慣れた商品も多く、屋台で頼んだ料理がとんでもない地雷だったりしてもかんたんに口直しができます。ただし、お酒、タバコはかなり高額。ビール大好きな方にはちょっと大変かもしれません。

ホテルにチェックインし、三田村さんとノートパソコンでアニメを見て就寝しました。

ぴんぐぅ 初めての海外グランプリ参戦記 観光編

金曜日、不戦勝がない自分は前日トライアルに参加できる日程……なのですが、せっかく海外まで来たのに 3 日間も MTG したくは無かったのでシンガポール観光に繰り出しました。

幸い天気は快晴! どこを歩いても最近話題の「年 1 ミリシーベルト超え地点・放射線ホットスポット」なので「お外で遊んじゃいけません!」とお母様方に怒られてしまいそうですが(下に参考画像を載せておきます)、初海外でハイテンションになっている自分を止めることはできませんでした。

年間自然放射線量

とりあえず、シンガポールがっかり観光名所と名高いマーライオン

マーライオン

……たしかに。旅行番組とかで見た通り。ただそこにあるだけ。水も吐いてくれませんでした。

マーライオンは噂通りのがっかり名所だなぁ……。と思っていたら対岸に異様な建物が。

バブリービル

( ゜д゜)ポカーン。

三つのビルの上に豪華客船が乗ったいかにも自爆テロの標的になりそうでバブリーなビル政府公認カジノ、マリーナ・ベイ・サンズ。カジノのほか総計 45,000 人が収容可能なエキスポ&コンベンションセンターと、ホテルやレストランなどがあります。中に入ってみるとグッチ、シャネルなどセレブの好きそうなブランドショップが立ち並び、カジノは海外慣れした三田村さんが唸るほどの豪華な内装でした。

あまり裕福では無さそうな人たちも平日の昼からギャンブルに興じていました。日本では国営カジノの代わりに、パチンコ屋に朝から行列ができてますしね。違うのは国営カジノは国益になるけどパチンコ業界の利益はt(以下自主規制

ポーカーやブラックジャックが好きな方なら GP 初日落ちしても楽しめますね。

ホーカーズ

お昼はホーカーズ(屋台)でカニとビーフンの炒め物をいただきました。

屋台だと割り箸やレンゲが日本よりボロい感じだったり、クセの強い味付けになっていたりしますが、それこそ旅の醍醐味。安定して美味しそうな中華料理屋より、現地でしか味わえないような料理、雰囲気は楽しいです。

一息ついた後は、千葉の友人から「6 月 5 日に三森すずこ*1さんがシンガポールの高島屋でイベントをやるらしい」と聞いていたので会場を探しにオーチャードへ。

オーチャードの高島屋

駅から出ると中国や日本のデパートだらけ。まるで日本の渋谷です。通行人もどこか垢抜けた感じの方が多かった。空港→ホテル→マーライオン周辺→オーチャードと回ってきましたが、どこも高層ビルがたくさん建設されていて高度な経済成長を遂げている最中なんだと感じました。

高島屋に入ってイベント会場になりそうな場所を探したり、ネットで調べたりしても 6 月 5 日にシンガポールでイベントを行なうことは書いてあっても、具体的な日時、場所がわからず、情報をくれた友人に Twitter で確認。

「昨日検索かけてましたが、シンガポールのヲタ文化わからないので、厳しいっす。詳細不明です、ごめんなさい」

orz

ここにきてまさかの情報操作……。

気を取りなおして高島屋を観て回ることに。

本屋には日本の漫画の中国語版、英語版、日本語版が揃っていました。日本の漫画コーナーは非常に充実しており、海外へのオタク文化浸透率がシャレにならないレベルに達していると実感します。

ジャパニーズマンガの中国語版

都心部の観光を終えて今度はインド人街、アラブ人街を散策してきました。

インド人街

インド人街はあきらかにオーチャードと通行人の雰囲気、衣装が違います。写真では伝わらないでしょうが、カレーの香りがそこらじゅうに立ち込めています。文字通り異国の空気を感じますね。

リトルインディア

インド人街の散策を終えて、アラブ人街を目指したのですが、道に迷ってしましました。

暇そうな店の店員に道を訪ねても「知らねー」と一蹴。あきらかにめんどくさそうな態度。日本の店員と比べて態度が悪いのはこの店員にかぎったことではなく、レストランの客引き、ケータイショップの受付なんかも通行人がきてもあくびしてたり、おしゃべりしてたりとかなりフリーダム。

インド人街3

こうした国民性の違いなんかは海外に来てみないと実感できません。あらためて日本に生まれてよかったと思いました。

インド人街2

3 時くらいまで三田村さんとキャッキャウフフしながら観光を楽しんだので、前日受付をしに会場へ。

GPシンガポール入口

会場に到着して感じたことは初海外 GP の会場にたどり着いた感動……ではなく猛烈な寒さでした。外気温は 31 度くらいだったと思うのですが、会場は 20 度程度しかなく、半袖、半ズボンの格好では急激な温度差で体調を崩してしまいかねません。

日本では真夏でも職場のクーラー設定温度を 28 度前後に設定し、普通に過ごせるくらいが適温と感じるのですが、シンガポールでは徹底的に冷やすのが気持ちいいと感じる人が多いようです。会場だけではなく、ホテルなども冷房は強めになっているので一日中どこかの建物で過ごす方は上着を必ず持ち歩きましょう。

受付を終え、ホテル近くのショッピングモールで夕食を探していたら見つけたのがこのお店。

寅しゃぶの看板
( ゜д゜) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゜д゜) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゜ Д゜) …!?

ジャパニーズスタイル? メイドしゃぶしゃぶレストラン?

まったくメイドとか、現地の女性に興味は無かったのですが、ネタのためやむなく入店するしか無い! と、意気込んで突撃したのは良かったのですが、待ち時間は最低でも 30 分以上とのこと。かなり広い店内は大混みで入れませんでした。現地の方にもメイドにブヒブヒする萌え豚が浸透しているようです。シンガポール\(^o^)/オワッテタ!

しかたなく近くの中華料理屋で夕食をとり、ショッピングモール内をぶらついていると玩具屋を発見。中を覗いてみると「けいおん!」「ローゼンメイデン」「ブラックロックシューター」などのトランプを販売しているではありませんか!

これはアウトですよね

どう見ても海賊版です。本当にありがとうございました。

朝から晩まで日本で体験できない空気を楽しんで金曜日は終了しました。

ありがとうシンガポール! 楽しかったシンガポール!

(;゜Д゜)……ってまだ GP 本戦始まって無いじゃん!!

といったところで、GP 参戦記と三田村さんにパスされたFT*2 ゲイラン*3参戦記は次回のコラムで書かせていただく予定です。

それではまた千葉のどこかでお会いしましょう!


編者から筆者を紹介します

本コラムを執筆してくれたぴんぐぅ @ping3594 は、身体を張ってネタにすることにかけては、千葉では右に出るものはいない、根っからのエンターテイナーです。最近ペリカを支払って地上生活を始めました。

その独特の文章は、SNS で日記を書き綴っていたころから、多くのプロプレイヤーたちのハートをがっちりキャッチ。ひそかなるファンを日本中に増やしていました。危険すぎる下ネタと歯に衣着せぬトークが玉に瑕。取扱注意です。

Posted by LMC Promoters, on 2011/06/25

*1 三森すずこ:声優 代表作:探偵オペラミルキイホームズ シャーロック・シェリンフォード役、ディスガイア4 風祭フーカ役

*2 FT(Furo Tour):GP や PT などで遠出した際にお風呂屋さんへ行くこと。

*3 ゲイラン:政府公認、合法地区。何がって? ぐぐれ。

Last update on 2011/06/26 00:28

Amazon
 Official
 News
 Google Calender
 Affiliate
 Archives
 Recent Article
 Search
Powered by Google
 Contact

お気づきの点、率直な感想や、こんな情報が欲しいというご要望などありましたら、ぜひ、お気軽に webmaster at magicdailynews.com へご連絡ください。

MDNLiveをフォローしましょう RSS feed