MAGIC DAILY NEWS マジック:ザ・ギャザリング MtG 大会結果・デッキリスト・公式情報中心のマジック系ブログ

  TOTAL :
T: Y:
マジック:ザ・ギャザリング MtG の大会結果・デッキ・イベント情報をネタにお届けするマジックブログ
今後のイベント予定
03/21: LMC成田626th - Standard
04/13: LMC成田627th - 『灯争大戦』ボックス争奪スタンダード
05/03: LMC成田628th - リミテッド神挑戦者決定戦トライアル
05/19: LMC成田629th - Modern

日本選手権予選一位通過デッキ・エルヒーローの紹介 はてなブックマークに追加 livedoor クリップに追加

Written by たいき
LMC Web Magazine

みなさんこんにちは!! たいきです。

今回、私が日本選手権予選用に組んだデッキを紹介しようと思います。

デッキはこれ!

エルヒーロー - Suzuki Taiki / 2011 Japan National QT - Chiba 1st *1st*
 4  極楽鳥/Birds of Paradise
 4  ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
 4  水蓮のコブラ/Lotus Cobra
 4  獣相のシャーマン/Fauna Shaman
 1  森のレインジャー/Sylvan Ranger
 1  レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder
 4  復讐蔦/Vengevine
 3  刃砦の英雄/Hero of Bladehold
 2  エメリアの天使/Emeria Angel
 1  ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph
 1  大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite

29 Creatures 4 エルドラージの碑/Eldrazi Monument 2 野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker 2 ギデオン・ジュラ/Gideon Jura
8 Spells 5 森/Forest 2 平地/Plains 4 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs 1 湿地の干潟/Marsh Flats 4 剃刀境の茂み/Razorverge Thicket 3 陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove 4 活発な野生林/Stirring Wildwood
23 Land 60 Total Cards
 2  コーの火歩き/Kor Firewalker
 2  強情なベイロス/Obstinate Baloth
 1  静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence
 1  シルヴォクののけ者、メリーラ/Melira, Sylvok Outcast
 1  ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker
 3  四肢切断/Dismember
 3  自然の要求/Nature's Claim
 1  攻撃的な行動/Act of Aggression
 1  戦争と平和の剣/Sword of War and Peace

15 Sideboard Cards
デッキの動き

上のリストを見ればわかるように、いま流行っている緑白とは違うブッパ型のビートダウン! もともとはエルフの調整をしていたのですが《饗宴と飢餓の剣》に負けすぎてあえなく解体。マナ加速からドン!っていうコンセプトはそのままで緑白へ!

Caw-Blade の影響でヴァラクートや双子コンボが少なくなっており、同系を意識し《審判の日》が減っている今がチャンス!

デッキの動きと採用したカードについて

デッキの動きは、

1、2 ターン目、《極楽鳥》《ラノワールのエルフ》《水蓮のコブラ》といったマナ加速クリーチャーを展開。

3 ターン目、《刃砦の英雄》《野生語りのガラク》など、トークンをばらまくカードや《復讐蔦》をプレイ。

4 ターン目、《エルドラージの碑》《野生語りのガラク》の -4 能力を使いゲームを決めます(ちなみにデッキ名はエル碑+英雄から)。

このブン回りを重視し、マナが多くかかる《戦隊の鷹》《石鍛冶の神秘家》はデッキに採用しない感じにしました。

デッキに採用した各カードを紹介していきますと、

Llanowar Elves
Birds of Paradise
Lotus Cobra

マナクリーチャー 12 枚と多め! 3 ターン目に確実に 4 マナ以上の動きができるようになってます。先攻なら《石鍛冶の神秘家》《戦隊の鷹》の返しに《野生語りのガラク》《刃砦の英雄》を通すことができ、一気にゲームを決めることができます。

あまったマナクリーチャーも、《獣相のシャーマン》《エルドラージの碑》のエサ、《復讐蔦》の復活に使うことができ、無駄になることは少なくなってます。

Hero of Bladehold

タフネス 4 と火力で対処しづらく、除去られなければゲームを決めるだけのカードパワー! 《精神を刻む者、ジェイス》のバウンスだけは勘弁。

Emeria Angel

Caw-Blade に強く、《戦隊の鷹》からプレインズウォーカーを守り、《饗宴と飢餓の剣》によるテンポ負けを防ぎます。

Vengevine

《獣相のシャーマン》とのコンボは非常に強力。また《エルドラージの碑》との相性も良く、《精神を刻む者、ジェイス》等のプレインズウォーカーにプレッシャーをかけることもできます。

Fauna Shaman

マナクリーチャーを捨てたり、《復讐蔦》をサーチするだけではなく、状況に合わせて《レオニンの遺物囲い》《森のレインジャー》《ファイレクシアの変形者》《大修道士、エリシュ・ノーン》等の 1 枚差しカードをサーチしてくることでデッキの動きが非常に幅広くできます!

Garruk Wildspeaker
Gideon Jura

《野生語りのガラク》は 3 番目、《ギデオン・ジュラ》は 1 番目の能力で相手に無理に攻めさせることができ、こちらが動きやすい場を構築することができます。また、どちらもクリーチャーを出したり、クリーチャーになったりと腐りづらいです。

サイドボードプランについて

赤単

in out

Caw-Blade

in out

白緑ビートダウン

in out

双子コンボ

in out

ヴァラクート

in out

in out
  • 1 なにか

そんな感じで日本選手権千葉一次予選に参加してきました。

スイスドロー 8 回戦

参加者:148 名

1回戦 Caw-Blade ○○
2回戦 赤黒ビートダウン ×○○
3回戦 白緑ビートダウン ○×○
4回戦 Caw-Blade ○○
5回戦 ヴァラクート ○×○
6回戦 赤黒ビートダウン ×○○
7回戦 Caw-Blade ○○
8回戦 ID

結果 7-0-1 !!

白緑ビートダウン、Caw-Blade に対しメインのマナクリぶっぱからの《大修道士、エリシュ・ノーン》が非常に強力でした。マナクリが死にづらいゲームなので安定してプレイでき、また引きすぎたマナクリも優秀なアタッカーに! 最近増えてきた《ミラディンの十字軍》を処理できたのも良かった点です。

Elesh Norn, Grand Cenobite

赤黒ビートダウンはヘイトレッド型とゴブリン型に当たり、どちらもメインはマナクリを焼かれてボコボコになるも、サイド後は《コーの火歩き》《強情なベイロス》ゲー! 《四肢切断》で仕事をせずに落ちてしまう《コーの火歩き》に比べ、戦場に出たら仕事をしている《強情なベイロス》は非常に頼りになりますね。

Obstinate Baloth

ヴァラクートには 4 ターンキルのドブン回りで勝利。タイタンの上からフルアタックで勝ち! 《石鍛冶の神秘家》《戦隊の鷹》型にはないドブンがきましたね。

Eldrazi Monument

そして! 今回の結果を踏まえてデッキをいじると……

エルヒーロー! - Suzuki Taiki
 4  極楽鳥/Birds of Paradise
 4  ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
 4  水蓮のコブラ/Lotus Cobra
 4  獣相のシャーマン/Fauna Shaman
 1  森のレインジャー/Sylvan Ranger
 1  レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder
 4  復讐蔦/Vengevine
 3  刃砦の英雄/Hero of Bladehold
 2  エメリアの天使/Emeria Angel
 1  ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph
 1  大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite

29 Creatures 3 エルドラージの碑/Eldrazi Monument 3 野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker 2 ギデオン・ジュラ/Gideon Jura
8 Spells 5 森/Forest 2 平地/Plains 4 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs 1 湿地の干潟/Marsh Flats 4 剃刀境の茂み/Razorverge Thicket 3 陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove 4 活発な野生林/Stirring Wildwood
23 Land 60 Total Cards
 2  コーの火歩き/Kor Firewalker
 3  強情なベイロス/Obstinate Baloth
 1  静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence
 1  シルヴォクののけ者、メリーラ/Melira, Sylvok Outcast
 2  四肢切断/Dismember
 2  自然の要求/Nature's Claim
 2  攻撃的な行動/Act of Aggression
 2  未達への旅/Journey to Nowhere

15 Sideboard Cards

という構成に。

メインは、《エルドラージの碑》を引きすぎて負けたゲームがあったので、《エルドラージの碑》を 1 枚減らして《野生語りのガラク》を 1 枚追加。

サイドには追加の《強情なベイロス》《攻撃的な行動》

Act of Aggression

《攻撃的な行動》はタイタンや双子コンボを対策するだけではなく、《エルドラージの碑》がある状態でアップキープに使えば疑似除去にもなります。

また、《ミラディンの十字軍》を除去できる《未達への旅》を入れました。

デッキ構成がブン周り重視なので、メインの構成を崩さないようにサイドは広く浅くとってあります。

デッキをブン回すのが楽しい! 右手に自信がある! そんな方は使ってみてください!!


編者から筆者を紹介します

本コラムを執筆してくれたたいき @taikidesu は、LMC の顔といってもいい人物です。毎回のように顔を出してくれることはもちろんのこと、2010 年の LMCC チャンピオンだったり、スタッフとしてもがんばっています。

楽しいマジックと勝負事としてのマジックをバランスよく楽しんでいる彼は、若手プレイヤーの中心にいながら、大人プレイヤーにもかわいがられている稀有な存在です。生放送の向こう側で観ている視聴者のことを考えて、テーブルが空いたら率先的にフリープレイをしてくれるような気がつく人です。

関西地方から転居してきたプレイヤーが彼を頼ったり、グランプリやプロツアーでほかの地方のプレイヤーと千葉勢をくっつけたりと、顔が広い彼は、これからもコミュニティの中心人物として活躍してくれることでしょう。

Posted by LMC Promoters, on 2011/06/14
Last update on 2011/06/14 23:11

Amazon
 Official
 Archives
 Recent Article
 Search
Powered by Google
 Contact

お気づきの点、率直な感想や、こんな情報が欲しいというご要望などありましたら、ぜひ、お気軽に webmaster at magicdailynews.com へご連絡ください。

MDNLiveをフォローしましょう RSS feed