MAGIC DAILY NEWS マジック:ザ・ギャザリング MtG 大会結果・デッキリスト・公式情報中心のマジック系ブログ

  TOTAL :
T: Y:
マジック:ザ・ギャザリング MtG の大会結果・デッキ・イベント情報をネタにお届けするマジックブログ

LMC 代々木 218th ラウンド 7: 三田村和弥 vs 増野良輔 はてなブックマークに追加 livedoor クリップに追加

Written by Yukio Kozakai

まず、ラウンド 5 とラウンド 6 でフィーチャーマッチが行われなかった理由からご説明しよう。

ラウンド 5 開始直前に、対戦表や結果登録用紙を印刷するプリンターがパンクし、急遽筆者が渋谷まで買い出しに行ってたのが一つ。もう一つは、午後から始まったレガシーが 45 名の参加者を集め、スタンダードの LMC と合わせて 131 名。さらにドラフトのみの参加者も集い、会場のキャパシティは限界に達していた。

そのため、フィーチャーエリアを一時閉鎖して、机と椅子を確保した、というのが真相だ。これは、主催者側からしても全く予想だにしなかった嬉しい悲鳴である。

と、いうわけで。フィーチャーエリアは既に撤去済みなのだが、全勝同士の 2 人が ID せずに真っ向勝負すると聞いて、急遽対戦テーブルにお邪魔して観戦記事を取らせていただいた。登場する 2 人はわりと説明不要だと思うので、追って決勝ラウンドで補足するとしよう。

Game 1

《茨森の模範》《砕けた野望》、続く《野生語りのガラク》《傲慢な完全者》もカウンターと、増野が「何も通る気がしない」と泣きを入れるのも無理もない。三田村は《ジェイス・ベレレン》でハンドを回復させて、王者のマジックで言うところの「ニヤニヤしながらカウンター構える」状態に。

増野の攻撃も奇襲的な《羽毛覆い》でさばき、唯一《樹上の村》が増野のダメージソースとして居残るが、これだけでは足りない。

もはや増野の最後の希望となった《カメレオンの巨像》はカウンターを掻い潜るものの、返しの《残酷な根本原理》でいろいろなものと一緒に墓場行きになり、三田村が《復讐の亜神》で殴りかかり、さらに 2 枚目を公開すると、増野は苦悶の叫び声を上げながらカードを片付けた。

三田村 1-0 増野


Game 2

《レンの地の克服者》《樹上の村》に連続して《火葬》を浴びせ、《野生語りのガラク》《謎めいた命令》《狼骨のシャーマン》の族系も外れ続け、なかなかダメージソースが増えない。

《羽毛覆い》の影に怯えつつ、増野が全軍突撃をすると三田村はスルー。結局、先手後手の差を埋められないまま、勝敗は最終ゲームに持ち越された。

三田村 1-1 増野


Game 3

《ラノワールのエルフ》からスタートし、《茨森の模範》はカウンターされるものの《護民官の道探し》で黒マナを調達し、三田村の厄介な《羽毛覆い》を除去。その後も 2 枚の《樹上の村》《変わり谷》、さらに 2 枚の《傲慢な完全者》と完全にビートダウンモードの増野に対し、三田村は動きなし。

おや、三田村の様子が……、ギャラリーの誰もが思い始めた刹那。

三田村 「カウンターと土地じゃ無理!」

と、力強くカードを畳んだ。あまりこういうシーンで力強いプレイヤーはいないが、本当に力強く畳んだ。スイスラウンド全勝は、増野だ!

三田村 1-2 増野

Final Result:増野良輔が全勝で決勝ラウンドへ進出!


Posted by miyaken, on 2009/05/28
Last update on 2009/05/28 16:27

Amazon
 Official
 News
 Google Calender
 Affiliate
 Archives
 Recent Article
 Search
Powered by Google
 Contact

お気づきの点、率直な感想や、こんな情報が欲しいというご要望などありましたら、ぜひ、お気軽に webmaster at magicdailynews.com へご連絡ください。

MDNLiveをフォローしましょう RSS feed