MAGIC DAILY NEWS マジック:ザ・ギャザリング MtG 大会結果・デッキリスト・公式情報中心のマジック系ブログ

  TOTAL :
T: Y:
マジック:ザ・ギャザリング MtG の大会結果・デッキ・イベント情報をネタにお届けするマジックブログ

LMC 代々木 215th 決勝: 萩原紀幸 vs 和田寛也 はてなブックマークに追加 livedoor クリップに追加

Written by 諫山夕介

試合開始前、勝ったときのパックの配分について、ウィナー・テイクス・オール、すなわち勝者総取りを持ちかける和田寛也(神奈川)。

聞けば、スイスラウンド 2 回戦目からここまで 1 本もゲームを落としていないという。そして、和田は 1 回戦を戦っていない。波に乗り切っている、まさに「今日の人」である。このマッチアップでもストレート勝ちする自信があるのだろう。

対する萩原紀幸(千葉)は、いつものジンクスである「一没の帝王」を払いのけての決勝戦進出。ここまで来たのだからもう優勝するしかない、とその巨体から優勝への意気込みが感じられる。

ちなみに、最後に決勝ラウンドに残ったときはいつだったのだろうか。

萩原 「神河救済のときだね」

さすがは「一没の帝王」である。4 年ぶりとは伊達じゃない。


使用デッキ
萩原: 黒緑エルフ
和田: 白黒トークン

Game 1

和田寛也

ダイスで 5 を出した萩原、普通ならほとんどの確率で勝つが、和田は 6。強運。これが「今日の人」の強さだろうか。

しかし、和田は痛恨のダブルマリガン。強運にかげりが見え始める。

秘匿ランドから《メドウグレインの騎士》とスタートする和田に対し、萩原は《ラノワールのエルフ》から《樹上の村》をセットして《茨森の模範》。さらに《レンの地の克服者》《ラノワールのエルフ》と展開して和田を圧倒する。

和田は《レンの地の克服者》《流刑への道》で対処して《メドウグレインの騎士》で萩原とダメージレースを展開するが、いかんせん萩原の攻撃力が高い。しかも《メドウグレインの騎士》《恐怖》で退場させられてしまっては。

しかし、ここで和田は待望の土地をゲット、《雲山羊のレインジャー》をプレイして秘匿の解除を試みる。和田に流れが傾いてきた。

のを、《大渦の脈動》一発で自分に流れを引き戻した萩原、2 体目となる《茨森の模範》をプレイ。さらに《傲慢な完全者》を追加して和田を圧倒する。

和田も《妄信的迫害》で抵抗するが、萩原の巨体を止めるまでには至らなかった。

萩原 1-0 和田


萩原サイドボード

Out
1 《恐怖》
2 《傲慢な完全者》
2 《不敬の命令》
3 《野生語りのガラク》
In
4 《叫び大口》
3 《雲打ち》
1 《思考囲い》

和田サイドボード

Out
1《頭脳いじり》
1《幽体の行列》
1《潮の虚ろの漕ぎ手》
3《苦花》
In
1《真髄の針》
2《思考囲い》
3《恐怖》

Game 2

萩原紀幸

今度はマリガンすることなくキープする和田。対する萩原、むずかしい顔をしたあと、マリガン。

マリガンするに際し、萩原がライブラリーのトップを見たことで、萩原、和田、ギャラリーで「マリガンするときにライブラリーのトップを見るかどうか」談義が発生する。

トップを見る派の萩原と見ない派の和田。読者諸氏はどちらだろうか?

そんな談義がされている最中、萩原の《思考囲い》が和田の《潮の虚ろの漕ぎ手》を奪ってゲームスタート。

和田は《メドウグレインの騎士》から《栄光の頌歌》でダメージレースを有利に進める。

萩原は小考の後《大渦の脈動》《メドウグレインの騎士》を除去することを選択。《栄光の頌歌》の破壊も選択肢としてあり得るが、《思考囲い》で手札を見ており、脅威となるクリーチャーがいなかったため、《メドウグレインの騎士》を破壊することを選択したようだ。

追加のクリーチャーが用意できない和田は《変わり谷》で攻撃するにとどまる。

萩原は追い打ちをかけるように《カメレオンの巨像》。さらに《思考囲い》で和田の手札が土地だけであることを確認して《カメレオンの巨像》を追加。

萩原の手札も残り 1 枚であるため、ここで《神の怒り》を打てると一気に有利になる和田だが……

ジンクスを乗り越えた萩原は「今日の人」である和田の大波すら乗り越えた。

萩原 2-0 和田Lunatic Moon Convention Yoyogi 215th Champion : 萩原紀幸

LMC 代々木 215th チャンピオンは萩原紀幸!


試合終了後、2 人にアラーラの最誕から入れたカードを聞いてみた。

萩原:《大渦の脈動》

和田:《妄信的迫害》

和田 「《大渦の脈動》がどうしようもない……」

和田がいうように、これ 1 枚でトークンが全て除去できるのが強いらしい。

また、《妄信的迫害》は、相手のトークンなどサイズの小さいクリーチャーを除去しつつ自軍を強化できる。

どちらも対トークンカードのように思える。

これらのカードは、これからのスタンダードシーンでよく見かけることになるだろう。読者諸氏にはこれを踏まえたうえでのデッキ構築をお勧めしたい。

では、よいマジックライフを!

Posted by miyaken, on 2009/05/07
Last update on 2009/05/07 08:36

Amazon
 Official
 News
 Google Calender
 Affiliate
 Archives
 Recent Article
 Search
Powered by Google
 Contact

お気づきの点、率直な感想や、こんな情報が欲しいというご要望などありましたら、ぜひ、お気軽に webmaster at magicdailynews.com へご連絡ください。

MDNLiveをフォローしましょう RSS feed