MAGIC DAILY NEWS マジック:ザ・ギャザリング MtG 大会結果・デッキリスト・公式情報中心のマジック系ブログ

  TOTAL :
T: Y:
マジック:ザ・ギャザリング MtG の大会結果・デッキ・イベント情報をネタにお届けするマジックブログ

LMC 代々木 202nd 準々決勝: 田部敬太 vs 齋藤友晴 はてなブックマークに追加 livedoor クリップに追加

Written by 諫山夕介

斎藤友晴(東京)。その名前を知らない人は少ないだろう。POY(年間最優秀選手)に輝いたこともある、日本を代表するトッププレイヤーである。

ビートダウンデッキを好む彼が今回使用するデッキは、最近トーナメントシーンで見る機会が多くなった赤白ヒバリである。

対する田部敬太(千葉)は、現在 LMC ポイントレースにおいて 2 位の三原槙仁(千葉)に大差をつけて独走している、2 代目 LMC チャンプ筆頭候補者である。

こちらが使用するデッキは、同じ赤白でも、赤白キスキンである。

世界の強豪と LMC の強豪、マクロな範囲とミクロな範囲の強豪同士の戦いになる。

Game 1

田部の《ゴールドメドウの重鎮》スタートに、齋藤は小考しつつ《山》から《モグの狂信者》をプレイしてこれを迎え撃つ。

相打ちを回避したい田部は、《皺だらけの主》《重鎮》を強化して攻撃を開始。対する齋藤はセットランドするのみ。

田部は再度《ゴールドメドウの重鎮》で攻撃し、《モグの狂信者》がこれをブロックしつつ、能力で 1 点を《重鎮》に打ち込む。田部は《メドウグレインの騎士》をプレイしてターン終了。これに対応して齋藤は《流刑への道》《皺だらけの主》を処理。致死ダメージを受けた《ゴールドメドウの重鎮》は墓地へと落ちていく。

齋藤が出した《白蘭の騎士》は、田部の《復讐のアジャニ》によって処理されてしまう。

Ajani Vengeant

今のところ、主導権は田部にあるようだ。

厄介なプレインズウォーカーを前にした齋藤は、《イーオスのレインジャー》《モグの狂信者》《運命の大立者》を調達し、すぐさま《モグの狂信者》《復讐のアジャニ》を潰す。

田部はなおも《メドウグレインの騎士》で攻撃を続行、《ゴールドメドウの重鎮》 2 体を追加してターンを返す。

齋藤はお返しに《復讐のアジャニ》をプレイ、2 番目の能力で《メドウグレインの騎士》を除去した後《運命の大立者》をプレイする。

この《復讐のアジャニ》を巡る戦闘で、お互いの場は一度はきれいになるものの、田部は《雲山羊のレインジャー》をすぐさま追加、齋藤も《目覚ましヒバリ》《運命の大立者》と追加して引けを取らない。

いまだ生存している《復讐のアジャニ》を前に、田部は小考のあとで《萎れ葉のしもべ》で戦線を強化して攻撃する。《復讐のアジャニ》は墓地へと送り込まれ、《目覚ましヒバリ》《雲山羊のレインジャー》が相打ちとなり、齋藤の場に《白蘭の騎士》《運命の大立者》が戻る。

さらに齋藤は 2 枚目となる《復讐のアジャニ》をプレイ、田部の《風立ての高地》を縛る。

またも難問を突きつけられた田部。まずは眼前の脅威を取り除くべく、全軍をあげて《復讐のアジャニ》を潰しにかかる。齋藤は《復讐のアジャニ》を延命させることを選択し、その代償として《運命の大立者》 2 体を失うことになる。

お互い墓地にクリーチャーが溜まってきている。消耗している証拠だが、《イーオスのレインジャー》《目覚ましヒバリ》を使用しているため、斎藤の手札は充実している。

斎藤は《幽体の行列》《包囲攻撃の司令官》とプレイして、一気に勝負を決めに行く。

なんとか耐えたい田部は、土地しかない 2 枚の手札から《雲山羊のレインジャー》をトップデックして、齋藤に対抗してみせる。

が、ここまで。

悲しいことに、田部は土地を引き続けるのだった。

田部 0-1 齋藤


Game 2

重すぎるハンドを悩みつつもキープした田部にたいして、齋藤はすぐにマリガンを宣言。

お互い《風立ての高地》を続けてセットする、静かな立ち上がり。後手の齋藤が 3 ターン目に出した《白蘭の騎士》《モグの狂信者》が最初のアクションとなる。

田部は秘匿ランドを起動すべく《幽体の行列》をプレイ、とうぜん齋藤はこれを許すわけもなく、《モグの狂信者》でスピリットトークンを処理。続けて《イーオスのレインジャー》をプレイして《運命の大立者》《モグの狂信者》を手札に加え、この《モグの狂信者》を場に出してターンを終了。

対する田部は、今は耐えるときと《静月の騎兵》を追加してターンを返す。 トークン祭り

齋藤は 3 体のクリーチャーで攻撃したあと、《モグの狂信者》《静月の騎兵》を除去し、秘匿から《包囲攻撃の司令官》をプレイ。《イーオスのレインジャー》をブロックしていた田部の 2 体のスピリットトークンを除去して、田部のクリーチャーを一方的に葬る。

必死に耐える田部は《萎れ葉のしもべ》をプレイ、齋藤の《イーオスのレインジャー》を討ち取る。

齋藤はふたたび攻撃して 2 枚目の秘匿を起動し、《包囲攻撃の司令官》を場に追加する。

田部は手札に逆転の手段はあるのだが、赤マナが出なかった。

田部 0-2 齋藤


田部 「ワンチャン使えると思ったんだけどねー。今の場だったら《神の怒り》のほうがよかった」

と田部が見せてくれたのは《軍部政変》。同系対決などで硬直した時に打てば宇宙!と自信ありげに教えてくれた。今回のゲームは残念な結果に終わったが、可能性を感じさせてくれる 1 枚である。

田部イチオシのこのカード、ぜひ皆さんにもお試しいただきたい。

Posted by miyaken, on 2009/05/12
Last update on 2009/05/12 21:00

Amazon
 Official
 News
 Google Calender
 Affiliate
 Archives
 Recent Article
 Search
Powered by Google
 Contact

お気づきの点、率直な感想や、こんな情報が欲しいというご要望などありましたら、ぜひ、お気軽に webmaster at magicdailynews.com へご連絡ください。

MDNLiveをフォローしましょう RSS feed