MAGIC DAILY NEWS マジック:ザ・ギャザリング MtG 大会結果・デッキリスト・公式情報中心のマジック系ブログ

  TOTAL :
T: Y:
マジック:ザ・ギャザリング MtG の大会結果・デッキ・イベント情報をネタにお届けするマジックブログ

LMC 代々木 199th 準決勝: 鈴木大輝 vs 許怡和 はてなブックマークに追加 livedoor クリップに追加

Written by 諫山夕介

 「終電逃しそうで怖いですね」

栃木から来ている許怡和は、帰りの電車がなくなりそうで焦り気味である。この気持ちがプレイに影響しなければいいのだが……。使用するデッキは、白黒トークンズ。

対する鈴木大輝(千葉)のデッキは、親和エルフ。一気に回れば数ターンで勝敗が決まる。

時間が惜しい許には、ある意味で嬉しい相手だろうか?

Game 1

許怡和

許がワンマリガン。

鈴木は《ラノワールのエルフ》から《ラノワールのエルフ》《レンの地の克服者》。対する許は《苦花》をプレイして、ブロッカーを量産する構えだ。

鈴木の場には、 3 ターン目にして 5 体のエルフが並んでおり、ライブラリーのトップには《エルフの先触れ》《傲慢な完全者》を積み込んでいる。

もちろん、許も指をくわえて見ているわけではない。《忘却の輪》《茨森の模範》を、《損ない》《傲慢な完全者》を葬り、被害を最小限に食い止める。

が、後手後手に回っているため、確実にライフを削られているうえ、《苦花》のライフルーズが、鈴木の手助けになってしまっている。

なんとか耐えていた許だったが、ほどなくして投了に追い込まれた。

鈴木 1-0 許


許のサイドボーディング

Out
4 《苦花》
2 《思考囲い》
2 《静月の騎兵》
In
3 《萎れ葉のしもべ》
3 《神の怒り》
1 《鏡編み》
1 《雲山羊のレインジャー》

Game 2

鈴木大輝

両者マリガンなく、許の《潮の虚ろの漕ぎ手》でゲームスタート。

許は、鈴木の公開された手札から、2 枚ある《レンの地の克服者》の片方を選択。残された《レンの地の克服者》をプレイする鈴木。

許は《恐怖》《レンの地の克服者》を除去して、《思考囲い》《傲慢な完全者》を墓地に送り込む。

土地が 2 枚で止まっていた鈴木だが、連続の土地ドローで 4 マナに到達、《三人組の狩り》で一気にエルフの数を増やす。

対する許は、《変わり谷》 2 体と《潮の虚ろの漕ぎ手》で攻撃し、《風立ての高地》から《萎れ葉のしもべ》をプレイして、鈴木のライフを大幅に削る。鈴木もこのままでは負けられない、とばかりに、こちらも《萎れ葉のしもべ》を場に追加する。

なおもクリーチャーを強化する許は、《栄光の頌歌》をプレイし、《変わり谷》も起動して全軍攻撃した。この攻撃で、鈴木の戦線は大きく削られ、《萎れ葉のしもべ》とエルフトークン 1 体が残る。

鈴木は《潮の虚ろの漕ぎ手》を葬ったことで取り戻した《レンの地の克服者》をプレイ、《思考囲い》で許の《神の怒り》を奪い取り、《萎れ葉のしもべ》とトークンで攻撃を敢行。

攻撃に参加させなかった、“ブロッカー”である《レンの地の克服者》の“接死”が輝いて見える。

鈴木 「除去? しったことか!!」

強気に攻める鈴木だが、許のプレイした《変わり谷》を見て、急に弱気になった。小考の後、《レンの地の克服者》のみで攻撃。少しでも許のライフを削りたい。

許は《黄金のたてがみのアジャニ》《変わり谷》《萎れ葉のしもべ》を強化して攻撃。この《変わり谷》は、鈴木の《萎れ葉のしもべ》と相打ちとなる。

追い詰められた鈴木だが、なおも《レンの地の克服者》で攻撃、《三人組の狩り》で許の攻撃に備える。

クリーチャーの数で劣る許だが、ここで《神の怒り》を引き込み、場をきれいにしたあと、《黄金のたてがみのアジャニ》で 2 点回復してライフを 5 へ。鈴木の場にある脅威は《変わり谷》のみ。すぐに削られることはない。

かのように見えたが、鈴木は《変わり谷》《三人組の狩り》で強化し、許のライフを削りきると共に、決勝戦への挑戦権を手に入れたのだった。

鈴木 2-0 許


鈴木大輝、決勝進出!!


Posted by miyaken, on 2009/05/12
Last update on 2009/05/12 19:48

Amazon
 Official
 News
 Google Calender
 Affiliate
 Archives
 Recent Article
 Search
Powered by Google
 Contact

お気づきの点、率直な感想や、こんな情報が欲しいというご要望などありましたら、ぜひ、お気軽に webmaster at magicdailynews.com へご連絡ください。

MDNLiveをフォローしましょう RSS feed