MAGIC DAILY NEWS マジック:ザ・ギャザリング MtG 大会結果・デッキリスト・公式情報中心のマジック系ブログ

  TOTAL :
T: Y:
マジック:ザ・ギャザリング MtG の大会結果・デッキ・イベント情報をネタにお届けするマジックブログ
今後のイベント予定
05/03: LMC成田628th - リミテッド神挑戦者決定戦トライアル
05/19: LMC成田629th - Modern

プロツアーサンディエゴ結果 はてなブックマークに追加 livedoor クリップに追加

[2004/05/20]

Written by Keitia

2004 Pro Tour San Diego Champion: Nicolai Herzog

北欧の巨星、マジック界にあらたな金字塔――。5/14~16 に開催されたプロツアー・サンディエゴは、全世界から 324 人のプレイヤーがかけつけ、ミラディン 2 パックとダークスティール 1 パックを使ったブースタードラフトによる予選スイス 15 回戦+決勝シングルエリミネーション 3 回戦で行われました。そして、プロツアー・アムステルダムでも優勝を飾っているノルウェーの Nicolai Herzog (ニコライ・ハースォグ)が今季二勝目をあげています。ちなみに、プロツアー・アムステルダムというのはミラディン 3 パックで行われたロチェスタードラフトがフォーマットでした。つまり、Herzog は今回の勝利によって「同一セットを使用したリミテッドのプロツアーに連続優勝」を果たした史上初のプレイヤーということになったのです。

これによって 32 点のプロポイントを加えた Herzog は、マスターズ賞金のかかった Player of the Year レースでも独走態勢に入りました。はたして、Herzog は Budde 黄金時代の象徴でもいうべき「年間 MVP」のタイトルをとうとう奪い取ってしまうのでしょうか?

もっとも、まだまだ今シーズンにはプロツアー・シアトルに世界選手権という二つのプロツアー・ストップが用意されており、とくにシアトルで使用されるチーム・フォーマットに関しては、Kai Budde と Phoenix Foundation の圧倒的な強さに定評があります。ここで実際に Budde の猛烈な巻き返しがあり、Herzog と Budde はシーズン最終節となる世界選手権で熾烈なつばぜり合いを演じることになるのでしょうか? それとも、アムステルダムとサンディエゴで二大会連続の Top 8 進出を果たした Anton Jonsson (アントン・ヨンソン)をチームメイトに迎えることになっている Herzog が……シアトルでもそのリードを守りきることになるのでしょうか。

Pro Tour San Diego Swiss Standings
Standing Player Country Points OPM%
1 Nicolai Herzog Norway 39 60.7407%
2 Michael Turian United States 37 62.2963%
3 Mark Herberholz United States 37 58.0000%
4 Ben Stark United States 36 59.6296%
5 Antoine Ruel France 34 64.2222%
6 Angel Perez del Pozo Spain 34 63.0370%
7 Anton Jonsson Sweden 34 62.8148%
8 大礒正嗣 広島 33 65.7778%
9 平林和哉 滋賀 33 62.8889%
Quarterfinals Semifinals Finals Champion
1 大礒正嗣 Anton Jonsson, 3-1
8 Anton Jonsson Antoine Ruel, 3-2
4 Antoine Ruel Antoine Ruel, 3-2 Nicolai Herzog, 3-0
5 Angel Perez del Pozo
2 Michael Turian Michael Turian, 3-0
7 Mark Herberholz Nicolai Herzog, 3-1
3 Ben Stark Nicolai Herzog, 3-0
6 Nicolai Herzog
Pro Tour San Diego Final Standings
Standing Player Country Winnings Pro Points
1 Nicolai Herzog Norway $30,000 32
2 Antoine Ruel France $20,000 24
3 Michael Turian United States $15,000 16
4 Anton Jonsson Sweden $13,000 16
5 Mark Herberholz United States $9,500 12
6 Ben Stark United States $8,500 12
7 Angel Perez del Pozo Spain $7,500 12
8 大礒正嗣 広島 $6,500 12
9 平林和哉 滋賀 $6,000 8
15 岡本尋 愛知 $3,500 8
27 鈴木健太 東京 $1,600 6

ミスター・タイブレイカー

2004 Pro Tour San Diego Top 8: 大礒正嗣

また、今期の絶好調の日本勢からは……大礒正嗣が実にドラマティックなストーリーを展開してくれました。

第 14 回戦終了時点の順位表が張り出され、そこで Top 8 進出ラインが「34 点(11 勝 3 敗 1 分)」であろうということがはじきだされました。そして、観戦・応援していた日本勢たちからは安堵のため息や小さな歓声が沸き起こります。そう、それまでに 33 点のマッチポイントを稼ぎ出していた大礒正嗣(暫定 5 位)と平林和哉(暫定 6 位)の二人が……つまるところ最終戦を握手(ID)するだけで決勝ドラフトへと進むことができる位置につけていたことが明らかになったからです。

しかしながら、ここで大礒は「すでに自身の決勝進出は確定していても『チームメイト(Anton Jonsson)と友人(Antoine Ruel)の Top 8 進出をより確実にするため』に引き分けを受け入れられない」状態の Nicolai Herzog とマッチアップされてしまい、これに敗れてしまいます。そして、一方の平林和哉も 31 点ラインにいたスペインの新鋭 Angel Perez del Pozo とマッチングされてしまいました。当然ここで引き分けは成立せず、平林は大礒同様に手痛い一敗を喫してしまうのです。

そんなわけで、ペアリング(組み合わせ)が発表される前のお祭り騒ぎはどこへやら。一転して日本選手団には重苦しいムードが流れることになってしまいました。

……しかし、ここで奇跡が起こります。

なんと、この 15 ラウンドでいくつもの番狂わせがおこり、決勝進出ラインのラスト一枠が 33 点にまで引き下げられることになったのです。そして、4 敗目を喫していたプレイヤ-の中からただ一人 Top 8 へと勝ち進むことになったのが……我らが大礒正嗣だったのです!

こうして、生涯二度目となるタイブレイカーでの勝利をおさめることになった大礒は……先達とは違った意味合いで「ミスター・タイブレイカー」というニックネームを頂戴することになりました。

ちなみに、大礒とともにマジック・インビテーショナルからの連戦となった岡本尋も素晴らしいパフォーマンスを見せてくれています。岡本は最終ドラフトで「2 手目に《弧炎撒き/Arc-Slogger》がながれてきた」というぐあいに超のつくゴージャスデッキをドラフトすることに成功し、ここでの 3 連勝から見事に 15 位入賞を果たしたのです。

大記録の終焉

Darwin Kastle

最後に、歴史的大記録の終焉というトピックに触れておきましょう。

赤いドラゴンの紋章でしられる "Avalanch Rider"、Darwin Kastle の保持していた「第一回プロツアーからの連続出場記録」がこのプロツアー・サンディエゴに参戦できなかったことで途絶えてしまいました。もちろん、Kastle は木曜の夕方から行われる LCQ(Last Chance Qualifier)にも参戦し、最後の最後まで偉大なる記録の継続を目指しましたが……かないませんでした。

この「48 大会連続出場」という金字塔はしばらくやぶられることがないものでしょうが、やはり古きよき時代の一つの終わりを目にしたプレイヤーたちは、少しばかり感傷的であったような気がします。

また、フィアンセが Wizards 社で仕事をはじめることになっている Mike Turian も……公約どおりにこのプロツアーで彼のプロとしてのキャリアを終えることを宣言しました。Gary Wise も「今季限りでの引退」という彼のスタンスをくつがえすことはしませんでした。

Last update on 2004/05/20 14:23

 Official
 Archives
 Recent Article
 Search
Powered by Google
 Contact

お気づきの点、率直な感想や、こんな情報が欲しいというご要望などありましたら、ぜひ、お気軽に webmaster at magicdailynews.com へご連絡ください。

MDNLiveをフォローしましょう RSS feed