MAGIC DAILY NEWS マジック:ザ・ギャザリング MtG 大会結果・デッキリスト・公式情報中心のマジック系ブログ

  TOTAL :
T: Y:
マジック:ザ・ギャザリング MtG の大会結果・デッキ・イベント情報をネタにお届けするマジックブログ

構築戦、注目のアーティファクト はてなブックマークに追加 livedoor クリップに追加

[2003/10/17]

Written by 保坂 航

新エキスパンションのミラディンが発売され、あちこちでミラディン対応のスタンダードのデッキリストが公開されています。今回、Lord of Magic Championships のスタンダードもミラディン対応ということで、これからのスタンダードで活躍するのではないかと予想されるアーティファクトをいくつか挙げてみたいと思います。

《忘却石/Oblivion Stone》……第 3 の全体破壊アーティファクト

Oblivion Stone

《ネビニラルの円盤/Nevinyrral's Disk》《火薬樽/Powder Keg》に続く第 3 の全体破壊カードです。これまでの 2 枚との違いは、「1. (マナがあれば)出したターンに即、土地以外のパーマネントを一掃できる」「2. (運命カウンターを乗せることで)残したいパーマネントを選ぶことができる」ですが、2 番の運命カウンターを乗せるという行動は、既に無いものとして扱われていることが多いように思えます。このカードに必要なのは、色マナを必要とせず、土地以外のパーマネントを一掃することができるということなのです。

ただこのカードはマナ喰い虫です。場に出すための 3 マナはそれ程ではありませんが、起動するための 5 マナというのはかなり「重い」と思われます。

《等時の王笏/Isochron Scepter》……スタンダードよりエクステンデッド?

Isochron Scepter

ミラディンのカードプレビューで登場するや否や、各地で話題となったこの 1 枚。2 マナ以下のインスタント・カードを刻印することで、何度も使い回すことが可能となります。

スタンダードに比べ、遥かにカードプールが広いエクステンデッドでは、《対抗呪文/Counterspell》《オアリムの詠唱/Orim's Chant》といった強烈なカードとの組み合わせが早くも話題となっていますが、スタンダードでも《ブーメラン/Boomerang》による土地ロックや、《変態/Metamorphose》との組み合わせによるドロー阻害などの使われ方が注目されています。

《トリスケリオン/Triskelion》……帰って来たロケットパンチ

マジックにおいて、ロケットパンチと言えば《トリスケリオン》。そんな愛すべき《トリスケリオン》がミラディンの世界に帰ってきました。今後のスタンダード環境では、《霊体の地滑り/Astral Slide》とサイクリングカードとの組み合わせで、ロケットパンチを打ち尽くしてからリムーブ→再装填して登場、以下繰り返しという光景をあちこちで見掛けるようになるかもしれません。

《ボトルのノーム/Bottle Gnomes》……10 本の指に入る「厄介な」クリーチャー

テンペストからの再録組である《ボトルのノーム》。3 マナという手頃なマナ・コストで、タフネスが 3。なおかつ、生け贄に捧げることで 3 点のライフを得ることができるお徳なクリーチャーです。現在スタンダードの一大勢力であるゴブリンにとって、「タフネスが 3」で、なおかつ「3 点のライフを得る」ことができるこのクリーチャーはかなりの曲者です。というのも、ゴブリンデッキは、1 枚のカードでタフネス 3 以上を突破することが難しいということと、例え破壊が可能であっても、簡単に生け贄に捧げられてしまうからです。

《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》……デッキの中のスパイス

Solemn Simulacrum

4 マナ 2/2 という、これだけみたら頼りないカードですが、そこに 2 つのアドバンテージをくっつけただけで、名脇役のできあがり。決して目立つ存在ではないですが、あとからじわりと効いてくる 2 つのアドバンテージが魅力です。

Last update on 2003/10/17 12:49

Amazon
 Official
 News
 Google Calender
 Affiliate
 Archives
 Recent Article
 Search
Powered by Google
 Contact

お気づきの点、率直な感想や、こんな情報が欲しいというご要望などありましたら、ぜひ、お気軽に webmaster at magicdailynews.com へご連絡ください。

MDNLiveをフォローしましょう RSS feed